青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

青汁購入の際の注意点について注意すべきポイント8選

      2019/04/15

%e9%9d%92%e6%b1%81-2

体に良いと言われている青汁。

栄養満点で確かに、年齢を問わず、性別の問わず、おすすめできる素晴らしい飲み物です。

その一方で注意する手もあります。

青汁購入の際には、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。

購入を考えている人は参考にしてみてください。

購入する前に、ここで述べるポイントを意識することで失敗も少なくなりますよ。

私が絶対おすすめする青汁ランキングはこちら

スポンサーリンク

青汁といってもいろいろなものがあるので注意

世の中に出回っている青汁。

野菜成分がたくさん含まれていて健康にもいい。

それは確かにそうなのですが、メーカーによって、商品によっても含まれている成分は異なってきます。

病気で治療中の人など、特定の成分をたくさん取ってしまうと体調を崩すことは考えられます。

このような場合には治療を受けている医師と相談をすること。

ドクターに商品を見せてみて、飲んでも大丈夫かどうかを確認することが必要です。

特に血圧の薬を飲んでいる人が多い世の中。

含まれている成分が降圧剤に影響を与えるケースもあるのです。

薬に青汁が影響してしまうと体調を崩すことになります。

そうならないためにも含まれている成分をしっかり知ることと、具合が悪い場合自信がない場合にはドクターとの相談をすること。

この二つのポイントは意識しておきましょう。

私が絶対おすすめする青汁ランキングはこちら

スポンサーリンク

いくらおいしいと言っても

最近の青汁はおいしくなった。

このようなことは最近よく言われています。

さすがにメーカーも青汁がまずいのでは売れなくなってしまうので、味に関してかなりの努力をしているものと思われます。

しかしやはり口に合わないものもあります。

特に青汁は飲みにくいから甘いほうがいいと思っている人。

意外にこれも正しいと言えません。

甘めの青汁を飲んでしまうと、ジュースみたいで逆に気持ちが悪くなります。

あまり体に良いという印象もなく、本当に体にいいのか疑問がわくところです。

それで添加物を見てみると、甘味料が含まれていて甘くなっていた。

これでは健康にどころではありませんよね。

これならスーパーに多い気ある乳酸菌飲料でも飲んでいたほうがまだマシというもの。

わざわざネットで一生懸命探して購入することもありません。

このように甘くて飲みやすいというフレーズには注意しておきましょう。

甘ければいいというものでもありません。

おいしいかどうかを判断するのは自分です。

口コミや宣伝を真に受けないようにしましょう。

やはり自分で判断するのがおすすめです。

苦い場合にはどうするの

上に説明した場合と違って、苦くて飲みにくかったらどうしますか。

もうこんなもの飲めるわけがないと捨ててしまうのでしょうか。

これではもったいないですよね。

別に飲んでもアレルギーも起こさないし、苦いのが自分に合わないだけ。

このような場合には味を調節することも必要です。

青汁をミネラルウォーターで飲むのは、やはりあまり美味しくはないでしょう。

そこへ使うのは牛乳や豆乳などの甘めのドリンク。

それにフルーツも用意してみましょう。

このようにして好みの味つけをしましょう。

販売されているものが自分の舌に100%合うということはないでしょう。

メーカー側が自分の味覚を100%満足させてくれる商品をリリースするまで待っているのですか。

それも絶対に無理です。

それでは人生が終わってしまいます。

だからこそ自分で味を調節すること。

もともと青汁はそんなにおいしいものではありません。

だからこそ健康にいいのです。

それならば、自分の舌に合うものが登場するよりも、積極的に味を調節して自分の飲みやすい形にするべきです。

自分の味覚を信じましょう。

口コミも一歩引いて考える

ネットで青汁を購入する際に注目してしまうのは口コミ。

しかしその口コミも100%信頼できるわけではありません。

宣伝として載せているのだから都合のいいことばかり書いてあるのが普通です。

口コミでおいしい殿飲みやすいだの、体調が良くなっただの、このように都合のいいことばかり書いてある部分は見てみないふりをすることも大事。

その商品がどんな特徴があるのかを冷静に確認しましょう。

最終的には購入して味を確認しなければ自分に合うかどうかはわかりません。

このように口コミを一歩引いて考えるのもネットリテラシーとして重要です。

頭から100%広告を信じないようにしましょう。

やはり最後は自分の判断しかないのです。

アレルギーにも注意

体に良いといわれる成分がたくさん含まれている青汁。

しかし注意する必要もあります。

それは体質に合わないこと。

青汁は飲み始めて体調が悪くなったという人もいます。

その場合にはすぐにやめてください。

青汁に含まれている植物は、基本的には野菜です。

しかしアレルギーといって、その人に合わない場合もあります。

栄養成分が凝縮されている植物については、漢方薬的な効果を示すおそれもあります。

このようなものが体に合わなかった場合に、体調を崩すおそれも十分にあります。

青汁を飲んで体調が崩れてしまったと感じたら、それは高確率で体質に合っていません。

すぐに飲むのを中止しましょう。

もったいないからといって、無理に飲もうと思わないでください。

健康食品は薬ではない

青汁は健康食品の一種です。

テレビやラジオのCM。

どう考えても医薬品と見間違えてしまうような広告がありふれています。

冷静に考えると健康食品は薬ではありません。

しかし体調が悪い人、病気になってしまった人、将来の健康に心配な人。

このような人たちの心の隙に入り込んでくるのがメーカーのやり方。

もちろん健康食品ではないから、病気が急に治るということはありません。

しかし健康食品をうまく使うことが大切なのです。

健康食品を利用して、これで健康になったんだから。

油っぽい肉をたくさん食べたり、おいしいお酒をガブガブ飲んだり、いくらでも不摂生多いしてもいいんだ。

このような態度は良くありません。

青汁を利用して、さらに自分の生活習慣を改善させていく。

野菜を食べたり、肉を控えたり、清涼飲料水などの体に悪い食べ物をやめる。

このようにして好ましい生活習慣を積み重ねていくこと。

ここまでやらなければ、体調もよくなりません。

せっかくの青汁ですから、生活習慣まで整えてみることがおすすめです。

薬ではないのだから、すぐに病気が治ったり、体調良くなることはありえません。

でも、良好な生活習慣を整えることは、明らかに体調をよくしてくれます。

時間は少しかかってしまいますが。

価格に関して

青汁を購入するときにやはり気になってしまうのは価格。

値段の安いものが手を出しやすいと思っている人もいるでしょう。

しかし、あまりに安いものは人件費をケチっていたり、含まれている成分が良くなかったりするおそれが高いです。

基本的には安くていいものなどありません。

そんなことしたら、会社がつぶれてしまいます。

ある程度のお金を支払わなければいけないということは覚悟しましょう。

といってもあまりに値段の高いものだったら、続けられませんよね。

ということで自分の出せるお金と青汁お値段をじっくりバランスをとり、これくらいの値段だったら飲み続けられるな、というものを選びましょう。

中身を見ないで安ければいいんだ、というのではよくありません。

値段は二の次で考えてください。

分量はほどほどにする

いくら体にいいと言っても、飲みすぎることはよくありません。

青汁自体には食物繊維がたくさん含まれています。

あまりに取りすぎると、おなかを緩くしたり、壊してしまう可能性もあります。

健康習慣を始めるんだと言って、はりきってたくさん飲まないようにしましょう。

むしろ1日、全く同じペースで飲み続けることのほうが重要。

1日1回や2回と決めて、継続的に繰り返すのがおすすめです。

まとめ

青汁を購入する際、購入したあとの注意点を確認してみました。

青汁の注意点は理解してください。

薬ではありませんので、病気が急に治るわけでもなく、体調の悪さを感じている人は生活習慣をしっかり整えてください。

はりきって飲み過ぎないようにすることも大切です。

確かに青汁は体にいいですが、何事も常識的な範囲を逸脱しないようにしましょう。

意識しないで、毎日の生活で自然と飲めるようになるといいでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁