青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

野菜不足解消! 健康生活を推進する青汁!

      2019/04/15

キューサイ ケール青汁(粉末タイプ)分包 210g(7g×30包)

「まずい!もう一杯!」で一躍有名となった青汁。

かつてはバラエティー番組などで罰ゲームに用いられていましたが、今やさまざまな改良が進められ美味しくなったと言われます。

しかし「まずいのに」人々に愛されてきた理由があります。

青汁は不規則な生活を解消し、野菜不足を補うのに大きい役割を担います。

それらを踏まえ、青汁について様々述べたいと思います。

私が絶対おすすめする青汁ランキングはこちら

スポンサーリンク

あのCMの印象が強い!

「まずい!もう一杯!」とのキューサイが作り上げたCMのイメージが強かった青汁は、このCMを長年演じた八名信夫氏の力強い演技が物語っています。

このCMにおいて、八名信夫氏がキューサイの社長へ「『まずい』と言って良いか?」と尋ねたところ「その代わり何らかのフォローをお願いします。」と言われた事から生まれたものであるそうです。

「まずい」というどう考えてもマイナスイメージなことを、ここまで力強く浸透させた八名信夫氏の力強い演技とCMは物凄い力を持っていたと今になって思います。

私が絶対おすすめする青汁ランキングはこちら

スポンサーリンク

今や美味しくなってきた青汁

そんな青汁も次第においしくなってきたみたいで、キューサイのCMでさえ「あのまずい青汁が飲みやすくなりました」と八名信夫氏自ら宣伝しています。

今や「美味しい!」「続けられる!」といった声が多く出ておりそうした広告が溢れています。

そもそもなぜ青汁はまずかったのか?

また何故おいしくなったのか?

また青汁は如何に体に良いのかと言うことを述べてみたいと思います。

青汁ブームの淵源

青汁の歴史を辿れば一部の健康に強い関心がある人や九州地方でのみ知られるマイナーなものでしたが、1990年代にバラエティ番組などの罰ゲームで用いられたことをきっかけに注目されるようになり、後にあの「まずい!もう一杯」のCMと広がりを見せたといいます。

そもそも青汁とは何か?

健康食品として飲用される。

多くの場合、粉末の状態で商品化されている。

色が緑なのに「青」汁としているのは、野菜を「青菜」などと表現する日本語古語での用法の名残です。

青汁というのは野菜の葉を絞ったもので、通常はこれを粉末状にして一人分をパックにして販売されています。

最近多いのは大麦若葉やキャベツに似たケールを使ったもので、これに口当たりを良くするために小松菜や蓬などが加えられるようになりました。

このほかにも様々な原料を使い、各社知恵を絞って開発競争を行っています。

ただし、口当たりが良くなったとは言っても、まだまだ誰もが飲みたくなるような美味しいものではないため、今後も飲み易さが追求されていくでしょう。

青汁がまずかった理由

以前テレビ番組で、芸能人が青汁を飲み比べをしていました。

「もう、口付ける瞬間からやばいですよ!」とその芸能人は悲鳴を上げていました(笑)「良薬口に苦し」ということわざがありますが、まさにその通りで、小松菜、大麦若葉、モロヘイヤ、ケールといった高い栄養の葉野菜の野菜の強い苦みをそのまま使っています。

青汁は何故おいしくなったのか

しかし、いくら体に良いと言っても、不味いものを好んで飲む人はいません。

そうした時代の変化に対し「おいしいのが当たり前」になったことがあります。

そのために、美味しくしようと様々な試みを各社とも進めてきました。

それにより、今ではお茶のようにごくごく飲めるほどおいしい青汁もあるようです。

青汁で最も不味いと言われるのは、「ケール」を使った青汁だそうです。

たしかにケールにより、ミネラル類・ビタミン類・食物繊維など、多種多様な栄養を高いバランスで取ることができますが、いかんせん苦みと青臭さもトップクラス。

本当にひどいものだと、誇張抜きでドブのようなニオイと吐き気をもよおすほどの苦みがするものも…。

よっぽど青汁マニアでなければ「美味しい」とは思えないほどで、まずい青汁は飲みたくないという方はケール青汁だけは避けておいたほうがよいそうです。

故に、美味しい青汁を作るにあたって原材料を「大麦若葉、明日葉、桑の葉」を中心に使っており、これらはケールと同じくらい栄養価が高いのにマイルドな味わいだそうです。

更に、若い女性に人気を集めている「フルーツ青汁」といって、大麦若葉や野菜やフルーツのエキスが凝縮しているため、まるでフルーツジュースのように甘くておいしいため誰でもごくごく飲めるそうです。

また子供も気軽に摂取できるといわれる「青汁ゼリー」といってゼリー状にしたスティックタイプのもので、パインやマンゴーなどの風味を加えていて食べやすいそうです。

更に、牛乳で割ることで、抹茶ラテのように美味しく飲むことができたり、投入やフルーツジュースで割ったり、ヨーグルトやはちみつ、レモン汁などの果汁を加えるとすっきりさわやかな味わいになると言われています。

それにより、最近では子どもも喜んで飲めることであり、家族で青汁を飲んでいる家庭も登場しています。

青汁を飲みだす理由としては「健康に気を使いだした」ということです。

また、それに対してハードでエネルギッシュな日々を送っていた方が多く、「不規則な食生活」による野菜不足が上げられます。

青汁に含まれている栄養価

青汁には先ほども紹介したように、あらゆる青野菜の栄養価を吸収できるほどの効果があるようです。

青汁三昧というものにおいても、食物繊維がキャベツの7.8倍で4個分、ビタミンCがレモンの12.5倍で21個分、鉄分はニンジンの29倍でまたピーマンの67個分、ビタミンB1がグリーンピースの10,000粒分など27種類の栄養が人は個に詰まっており、一度に大量の野菜などの栄養を摂取することができます。

また、最近の青汁には乳酸菌が入っているものもあり、その量と言うのも100億個もの乳酸菌が入っているという。

更に、ダイエットに対しても、カロリーがヨーグルトより低いという利点があるそうです。

更に先ほど紹介したように、美味しくなってきていることもあり、それこそまるでお茶のようにペットボトルに入れごくごく飲んでいる光景が見受けられるようになりました。

青汁と野菜ジュース

一度にそれほどの野菜不足を補おうと思った際に、私自身が用いていたことがあったのが、野菜ジュースです。

野菜ジュースはカゴメのものなど、ニンジンやりんごなど甘めの野菜や果物が入っているため美味しく飲むことができますし、気軽に買うことができます。

故に、一時期毎朝野菜ジュースを飲んでいた時期がありました。

その中で、野菜ジュースと青汁を比較してみると、確かに本当においしく飲みやすいのは野菜ジュースですが(笑)青汁の方が栄養価が高いだけでなく、カロリーも野菜ジュースの1/7ほど糖質に関しても野菜ジュースの1/10以下です。

また無農薬で殺虫剤なども使っておらず有機栽培で作られているため、衛生的にも健康的にも良く、口に入れる際にも安心して入れることができていると言います。

実際に飲んでみた!山本漢方製薬株式会社の「大麦若葉の青汁」

大麦若葉おいしい青汁 (シェーカー付) 3g*88包

実際に私も飲んでみました(笑)。

ここまで書いてみて初めて実質飲んだわけですが、飲んだのは山本漢方製薬株式会社の大麦若葉の青汁です。

恐らく初めて飲んだ青汁。

感想は匂いがまず抹茶風味らしく、抹茶の印象が強いです。

さて、横に飴玉を置いて人生初の青汁に挑戦!

一瞬、ウッときますが(笑)意外とマイルドで飲みやすく抹茶風味です。

ただ、私は残念ながら、ペットボトルに入れてごくごく飲めるかは謎です(笑)また、美味しいかどうかと聞かれたら、う~ん・・・という感じで、自販機においてあって買うかは謎ですが(笑) 続けなくては意味がないみたいですが、体には確かに良さそうです(笑)キューサイが出しているような不味い青汁は知らないので比較は難しいですが(笑ただ、粉末青汁は自分の好きな飲み物で割れば、おいしく飲めるそうなので、工夫して食生活に取り入れやすくおすすめです。

まとめ

青汁について様々述べてきましたが、青汁はこれまで改良を加えながら、健康維持のため様々な人に愛されてきました。

健康ブームと言われる現代において、確かに美味しいものも美味しくないものもありますが、現実に青汁で健康を維持している方は大勢いらっしゃいます。

これからもそうした人たちの支持を得ながら、健康に生き生きと生きゆく現代人の大事な存在であり続けていくに違いありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁