青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

健康的なダイエットの決定版! 青汁ダイエットの魅力とは?

      2019/04/22

伊藤園 毎日1杯の青汁 粉末タイプ (有糖) 20包入

青汁というのは健康食品として日本人なら知らない人はいないと言っても良いほど超有名な飲料になります。

この青汁にはケール・大麦若葉・明日葉・ゴーヤといった主に緑色をした野菜が配合されており、これらの野菜が青汁の緑色を作り出しています。

ただ、この青汁は最近健康維持の効果だけでなく、ダイエット効果の点でも注目を集めるようになってきています。

青汁ダイエットの魅力

青汁には健康食品というだけでなく、近年はダイエット食品としての注目も集めるようになっています。

青汁ダイエットの魅力はダイエットをしながら、同時に体質改善も図れるということです。

一石二鳥の優れたダイエット法が青汁ダイエットです。

以下では青汁に含まれるダイエットに有効な成分を紹介していきます。

青汁に含まれる明日葉の効果

青汁のダイエット効果を担っている野菜の1つが明日葉になります。

明日葉はセリ科の植物になっています。

青汁に含まれている成分としても有名ですが、単体でも「明日葉ダイエット」といった形でダイエットに用いられることが多い食品になっています。

具体的にはこの明日葉に含まれているカルコンとカリウムがダイエットにとっては強い役割を果たしています。

また、このカルコンとカリウムという成分の性質上、明日葉はただ摂取しているだけではダイエット効果を最大限に引き出すことが出来るとは言えません。

明日葉を摂取した上でしっかりと運動をすることにより、初めて明日葉のダイエット効果を最大限に発揮することが可能になります。

なぜなら、明日葉には代謝を高めたり、脂肪を燃焼しやすくすることにより、運動でのカロリー消費を高める効果があるためです。

カルコンの効果

明日葉に高いダイエット効果があると言われているのはカルコンという栄養素を含んでいることが大きな理由になっています。

このカルコンという成分は明日葉にしか含まれていない成分でダイエットには抜群に高い効果を発揮すると言われています。

このカルコンという成分は1本の明日葉の茎の断面から一度に数ミリグラムしか摂取することが出来ないと言われているほど貴重な成分になります。

このあまり聞きなれない栄養素であるカルコンがダイエットにおいては抜群の効果を持っています。

このカルコンが持っている効果としては2つの効果を挙げることが出来ます。

1つ目は体内の血行を促進する効果、2つ目は脂肪の燃焼を助ける効果になります。

まずは血行を促進する効果から見ていきたいとおもいます。

ダイエットということを考えた時に血行が良くなるのは何のメリットがあるのでしょうか。

それは血行が良くなることが代謝の向上につながるということです。

代謝が向上すれば同じ運動をしたり、日々の生活を送っているだけでもその行動によって消費されるカロリーの量が変わってきます。

効率的にカロリーを消費出来る体を作るためにはこの代謝を高めてやることが一番の近道になります。

次に脂肪の燃焼を助ける効果になります。

脂肪の中には凝り固まってしまい、セルライトと呼ばれる状態になってしまっているものがあります。

このセルライトというのは皮下脂肪組織がスポンジのように脂肪・水分・老廃物をため込んだ状態で、脂肪とちがってちょっとやそっとのことでは燃焼しない状態になっているものを言います。

このセルライトを溶かして、燃焼しやすい脂肪変化させてやる効果がカルコンにはあると言われています。

このように脂肪の質が変化することにより、同じ運動をしても脂肪が燃焼される効率が変わってくることになります。

なお、このセルライトというものは下半身を中心に蓄積すると言われています。

したがって、カルコンを摂取することにより、主に下半身中心にダイエットして「下半身やせ」を実現することが可能になります。

下半身の太さが気になっている人にとってはうってつけのダイエット食品がカルコンを含む明日葉になります。

下半身やせを目指すなら青汁ダイエットはおすすめです。

カリウムの効果

もう一つ明日葉で忘れることが出来ないダイエット成分がカリウムになります。

このカリウムには利尿効果のような形で体内の水分を体外に排出する効果があると言われています。

このカリウムを摂取することにより、余計な水分が溜まって体がむくんでいる状態が解消されます。

また、体内から水分が排出されることにより、体の冷えを改善したり、血行の悪さを改善する効果が期待されます。

これも脂肪を燃焼する効率をアップして、代謝の良い体を作ることにつながります。

青汁に含まれる桑の葉の効果

次に紹介したいのが青汁の桑の葉の効果になります。

桑の葉にダイエット効果があると言われているのはデオキシリノジリマイシンという成分が含まれているのが大きな理由になります。

青汁にダイエット効果があるという触れ込みで紹介される場合、ほぼ確実に触れられるのがこの桑の葉に含まれるデオキシリノジリマイシンの働きになります。

それだけ抜群のダイエット効果を持つデオキシリノジリマイシンの働きについて紹介していきたいと思います。

デオキシノジリマイシンの効果

デオキシリノジリマイシンについてはそもそもは糖尿病の治療で注目された成分になります。

このデオキシリノジリマイシンについては食事の中で体内に摂取した糖分を小腸などで吸収させずにそのまま体外に排出される効果があるということが分かっています。

このような糖分をそもそも体に吸収させないことにより、医薬品を用いて人為的に血糖値をコントロールする必要が無いということで糖尿病患者の治療に役立つとして注目を集めてきました。

ただ、この体内に摂取した糖分を吸収させずにそのまま体外に排出させるという働きは何も糖尿病の治療にのみ役立つわけではありません。

この働きにより、お菓子などの甘いものを食べた時、その糖分が体内に吸収されることを防ぐ効果にもつながります。

これにより余分な糖分が体内に蓄積されて脂肪になることを防ぐことが出来ます。

このデオキシリノジリマイシンの効果がダイエットにつながるとして高い注目を集めています。

青汁に含まれるモリンガの効果

青汁にふくまれるモリンガというのは抹茶のような味がする食品になります。

このモリンガについても優れたダイエット効果があることが分かっており、アメリカなどではダイエットティーとして非常に高い人気を誇っています。

モリンガというのは北インドやフィリピンなどに生息している植物で、日本名では西洋わさびの木とも言われています。

このモリンガについてはインドの古代医術であるアーユルヴェーダにおいても用いられており、300以上の病気に対して治療効果があると言われていたものになります。

この高い治療効果から「奇跡の木」、「薬箱の木」といった異名も持っているのがこのモリンガになります。

このモリンガにダイエット効果があると言われているのはこのモリンガを摂取することで体全体のバランスを整えて、脂肪燃焼効果の高い代謝の良い体をつくる土壌が整うためです。

この代謝の良い体を作る源となっているのが食物繊維とポリフェノールになります。

食物繊維の効果

食物繊維の効果についてはダイエットについて詳しく調べたことがある人であれば、知らない人はいないと思います。

特に便秘やガスなどのトラブルに見舞われやすい女性の場合には積極的に摂取するべき栄養素が食物繊維になります。

食物繊維を摂取して腸内環境を整えることにより、便のかさが増す、腸の運動が活発になり、便意の発生が促進されるといったようなメリットがあります。

モリンガにはこの食物繊維が食物繊維が豊富なことで有名なレタスの28倍も含まれているということが分かっています。

この食物繊維の働きで腸内環境が整うと、便自体がたくさん出るようになり、その効果で体重が減るのもありますが、代謝が上がって痩せやすい体になるという効果もあります。

ポリフェノールの効果

また、このモリンガにはポリフェノールも豊富に含まれていることが分かっています。

ポリフェノールに関してはダイエット効果よりも美容の分野で取り上げられることが多くなっています。

体内から活性酸素と呼ばれる老化の原因になる物質を取り除く抗酸化作用があるというのがその理由になります。

この活性酸素と呼ばれる成分は体内で発生すると、健康な細胞を攻撃して破壊するという作用があります。

これにより肌の細胞が破壊されたものがシミやくすみ、シワといったものになります。

このような肌の老化現象が発生するのを防いでくれるのがポリフェノールになります。

ただ、ポリフェノールの効能はこのような老化防止効果のみに限定されるものではありません。

ポリフェノールを摂取することにより、体の大切な臓器である肝臓の働きを高めることが出来ます。

肝臓という臓器はあまり注目されることはありませんが、体内に入ってきた食物などを吸収し、体が使いやすいエネルギー源に変換するという代謝の働きを担っています。

この代謝においては必要な栄養素はエネルギー源に変換しますが、不要だと判断した成分を体外に排出するという働きも同時に担っています。

肝臓が不要と判断して排出してくれる成分には体に必要が無い余分な脂肪も含まれています。

ただ、脂肪分の摂取量があまりに弱いと肝臓がその脂肪を排出しきれずに残った脂肪がどんどん肝臓に蓄積するという悪循環を引き起こします。

このような脂肪が肝臓についてしまうと、肝臓の機能を低下させる要因につながっていきます。

ダイエットを行ってもなかなか効果が出ない場合、この代謝をつかさどる肝臓の働きが低下している可能性が強く考えられます。

この肝臓の機能を高める効果を持っているのがポリフェノールになります。

ポリフェノールは解毒作用を持っており、この解毒作用が肝臓の働きをサポートすることにつながると考えられています。

このポリフェノールのサポート効果により、再び体の代謝を高めて日々の生活での消費カロリーを増やしていくことが出来ます。

青汁に含まれるクマザサの効果

青汁に含まれている栄養素ということで最後に紹介したいのがクマザサになります。

このクマザサというのはイネ科のササ属というカテゴリーに属しており、ヨーロッパなどでは豊富な栄養素を含んでいることが良く知られています。

このクマザサは日本でも特に東北地方などでは擦り傷や皮膚病の治療などの民間療法で使われてきたという歴史があります。

このクマザサについても青汁のダイエット効果を考えたときには無視できない効果があることが分かっています。

このクマザサの高いダイエット効果を支えているのがクマザサに含まれるアミノ酸とクロロフィルの働きになります。

アミノ酸の効果

まず、アミノ酸についてです。

アミノ酸は体の細胞や筋肉などを作る栄養分となっており、人間が必要とする栄養素の中でも特に重要性が高いものになります。

ただ、このアミノ酸は脂肪の燃焼を促進する効果があることも同時に分かっています。

クマザサには24種類もの豊富なアミノ酸が含まれており、ダイエットに必要なアミノ酸を効果的に摂取することが可能になります。

クロロフィルの効果

また、クマザサには他にもダイエットに効果的な成分が含まれています。

それがクロロフィルになります。

このクロロフィルというのは植物などが光合成をするために必要になってくる葉緑素と呼ばれる成分になります。

このクロロフィルにも食物繊維と同様に整腸作用があるということが分かっています。

クロロフィルを摂取することにより腸内環境を整えて代謝を良くする効果が期待されています。

また、このクロロフィルには体内に蓄積した有害物質を除去してくれる働きがあるということも言われています。

このような有害物質の例としてはダイオキシン・滞留農薬・水銀などを挙げることが出来ます。

このような有害物質が体内に蓄積することにより、脂肪を燃焼するリパーゼと呼ばれる酵素の働きが妨げられている可能性があります。

この有害物質を取り除くことにより、体も再び脂肪燃焼する力を取り戻すことが出来ます。

まとめ

上記の文章では青汁を使ったダイエットについて触れてきました。

体に無理を強いるようなダイエット方法も多いなかで、この青汁ダイエットは健康的に痩せることができるというメリットがあります。

また、青汁にはもともとも免疫力向上・便通の改善といった効果もあることが分かっています。

そのため、ダイエットしながら健康を手に入れることもできるという点でまさに一石二鳥といってもいいダイエット方法になります。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁