青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

ケールを中心とした青汁の基礎知識

      2019/04/15

ヤクルト 私の青汁 4g×60袋

青汁は自然が生んだ飲み物です。

コレを口にするとき人は自然の中へと回帰していく感覚を感じます。

人はたとえ都会にいたとしても自然から生まれてきたことを頭の片隅に置いておく必要があります。

野菜や野草を原料とした自然の恵み、青汁がもたらしてくれる健康は続けることによってさらに健康を増幅します、何事も継続が大切です。

私が絶対おすすめする青汁ランキングはこちら

スポンサーリンク

青汁とは

青汁というのは生の緑黄色野菜をすり潰して搾った汁のことをいいます。

青汁の材料としては、キャベツやレタス、小松菜、大根の葉などが材料としてありますが、栄養成分が多くてバランスもよく、しかも年間通して栽培できる野菜となると限られています。

ケールはその条件に見合う唯一の野菜と言われていました。

私が絶対おすすめする青汁ランキングはこちら

スポンサーリンク

ケールとは

ケールはキャベツやブロッコリー、カリフラワーなどの原種で南ヨーロッパが原産地だと言われています。

いま製品として出回っている青汁のほとんどが、このケールを使って作られています。

大きさは成長すれば1m程度、1枚の葉が200~250gになります。

栄養的にみたケールの素晴らしい所は、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCの含有量はニンジンやトマト、ホウレンソウやレタスなどの他の主要野菜より上回っており、カルシウムの含有量もほぼすべての野菜の中でトップクラスです。

リン、カリウム、ミネラル、タンパク質、鉄分などに加えて発がん予防効果があると話題になったカロチンもケールの中に多量に含まれております。

ケールは冬の厳寒期を除けば一年中を通して栽培が可能な野菜です、ですから青汁の原料に最も適した野菜といえます。

ただし、栽培方法となると少し気難しく、青汁は生のケールをそのまま搾り出すので、無農薬栽培でなければなりません。

農薬は間違っても使えませんし、農薬の染みた土地も栽培に適していません。

契約した農家に有機農法を用いて無農薬でケールを栽培してもらい、安全性と品質を確保しています。

その他の青汁の材料

ケール以外にも青汁に利用できる植物はたくさんあります。

例えばカリフラワーの外葉、ブロッコリーの外葉、キャベツの外葉などケールから生まれてきた親戚から、大根葉や小松菜、水菜、かぶら菜など他のアブラナ科野菜がよく利用されております。

次いでレタス、春菊、チシャ菜、三つ葉なども利用され、美味しい青汁を作るとして最近増えてきたものが大麦若葉などになります。

他にもサツマイモの葉、豆類、コンフリー、カボチャの葉なども利用されることがあります。

栄養的に優れているものはシソ、ニンジン葉などです、これらの成分はありふれた野菜などは足元にも及ばないほどの栄養素を持っています。

青汁に利用できる野草

野草の中で青汁に利用できるものはハコベ、タビラコ、ヒメシオン、ヨメナ、タウコギ、ヒメムカシヨモギ、イヌノフグリ、クローバー、萩、レンゲソウ、アカザ、ヒユ、カラスノエンドウ、イノコヅチ、クズハなどが有名所です。

ヨモギの仲間は餅に入れると良い香りがしますが、青汁にすると香りが少し強すぎる場合があります、また刺激性の強い揮発性成分が含まれているので人によっては血圧が高くなることもあります。

ハスやクワイは葉が大きい上に水分が多くみずみずしいため青汁に向いています。

しかしこういう水性の植物たちには嫌気状態に強い寄生虫の卵や幼虫が付いている可能性があるのでしっかりと洗う必要があります。

カキやアカシア、クワ、ツタ、ノイバラ、松、藤、クコなどの葉も青汁にすることができます。

特にカキの葉はビタミンが多く含まれており味も良いのでおすすめです。

青汁の効能

日本人が一般的に摂取する従来の食事ではどうしてもカルシウムに対してリンが多くなってしまいます、するとリンがカルシウムと結合してしまい吸収が阻害されるのでカルシウムが不足してしまいます。

しかしケールを使用した青汁はカルシウムが多く、リンの含有量がはるかに少ないので日本人の食事に多いリンと不足するカルシウムのバランスを取るのにちょうどよく、またビタミンも多く含まれているので摂取しにくいビタミンAやビタミンB2を豊富に取ることができます。

青汁の特徴の一つとして、細胞を作る原料になる酵素をそのまま取ることができるという点があります。

サプリメントなどの薬の服用によるビタミンやミネラルといった成分はそのままだと役に立たないので、体内で複雑な変化を経た後に酵素に換えられてから働くという形になります。

青汁の場合は即生きた酵素を体内に取り入れることができるため、ビタミンやミネラルもはじめから酵素の形ですぐに役立たせることができます。

青汁はこんな人に効く

働き盛りの人に野菜不足が目立っています、食事が不規則でしかも外食が多い上に体が疲れているので栄養の吸収率が悪いです、こういった人たちはやがて成人病にかかりやすくなるのでバランスの取れた食事が大切になってきます。

規則正しい食事をとっても栄養的に問題がある食事をしていてはなんの意味もありません、野菜不足を補う食事、それを料理でまかなえるかどうか、今まで野菜を食べなかった人たちがそれで急に野菜を食べる様になるかどうか、それも心配です。

そのためこういった人たちは不足した栄養成分を青汁で補うことが大事だと思います。

顔色の悪く、寝起きが遅く動作も不活発という人たちは大抵の場合貧血が原因です、貧血の場合は鉄分を十分に補給することにより症状が改善されていくので、青汁が効力を発揮します。

緑葉の中には鉄分が豊富に含まれているため、それを青汁にして飲むことにより効率よく吸収できるからです。

血を作るにはタンパク質その他栄養成分が必要ですが、青汁のなかにはそうした栄養成分もバランスもよく含まれています。

カルシウムが不足すると神経の興奮性が高まり、肝臓がおかされると解毒作用が上手く行かなくなり、何かと感じやすくなったり、アレルギー反応を起こしやすくなります。

こうしたアレルギー体質の人にも青汁は有効です、アレルギー体質とはごく簡単に言うと、食べ物や薬中に含まれている成分などに対して、異常反応を示す体質のことです。

青汁によりビタミン、ミネラルを十分にとり体質を改善できればアレルギーも緩和されていくと思います。

青汁の副作用

青汁にはいろいろな効果が期待できるのでまるで薬ででもあるかのように考えられがちですが、ただ生の緑黄色野菜を食べる代わりに搾って飲むだけのものです。

そのため間違った材料を使用したりさえしなければ特別に大変な副作用が起こることがありません。

しかし、はじめのうち慣れるまでは吐き気や嘔吐などがあったり、時には下痢をすることもあります。

しかし、吐き気や嘔吐などはいやな臭いや味をはじめとした刺激が強すぎた場合に起こるだけなので、なるべく味のよい、悪い臭いや刺激のない材料を選び服用すると良いかもしれません。

一時的に放屁が多くなる場合があります、しかしこれは便通が良くなる予兆のようなものなので心配はいりません。

まとめ

青汁はカロリー摂取量としてはいくぶん少なめですが、タンパク質は十分で質にも劣っていません。

しかもビタミン、ミネラルに関して言えば十分余裕があります。

そのため健康飲料として優れているのですが、味が悪いイメージがあるので普及してきませんでした、最近では味のよい青汁も増え、グリーンスムージーなども人気が出ているため、もう一度青汁に目を向けてみても面白いのではないかと思います。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁